格ゲー、型月、スパロボ、ラノベ、漫画、アニメなどにについて語るチラシの裏みたいなの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

C.S.T. (3) 情報通信保安庁警備部


C.S.T. (3) 情報通信保安庁警備部 (メディアワークス文庫)C.S.T. (3) 情報通信保安庁警備部 (メディアワークス文庫)
(2015/03/25)
十三湊

商品詳細を見る


※以下ネタバレ注意




ああ、終わっちゃったかあ。

この作者さんの男に対するイメージが分からん。
例えば、御崎の伊江村以外への女性への態度とか。
いくら冗談でも、それだけ惚れてる女性がいるのに、愛してるはない。
篠木が御崎のライバルになり得ていたかのように書かれているのが、本当に理解出来ない。
巻を追うごとに減ったし、今回皆無と言って良かったけど、下ネタがひどい、とかね。
と思いながらも、とても楽しめたお話でした。

主人公の御崎はどうやったって共感の持てるタイプの主人公ではなかったですね。
基本的に限りなく第三者的に小説を読み、キャラ萌え、カプ厨として物語を楽しんでいる自分としては、問題はないのだけど。
凄い不誠実な振る舞いが多いのに、脳内では一途、なギャップも良かったのでしょう。

ヒロインの伊江村。
とても魅力的だったのではないでしょうか。
感情が薄いように見えて、どんどん御崎に依存するようになっていくのは、たまらなかったし。
父親の変わりから、恋人へとランクアップして、これかと思ったらすぐ結婚するようで。
過去を振り切るには十二分過ぎるくらいの幸せを妄想するばかりです。

というわけで御崎、伊江村しかありえないと思ってるくらいで、ちょっと伊江村に冷たくされただけで凄いショックを受けるんだろうから、他の女性への態度は気を付けろよな!

はい、次回作もあるのなら追ってみたい、そう思える作家さんがまた一人増えてしまいましたとさ!

それでは。

スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

2015-04-03 : ラノベ・小説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:BEL
格ゲーばかりでニコ生やってました。現在休止中。再開は…不明。

いままでにやった格げーとか

Twitter

ニコ生

XBOX360LIVE

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。