格ゲー、型月、スパロボ、ラノベ、漫画、アニメなどにについて語るチラシの裏みたいなの。

冴えない彼女の育てかた (7)


冴えない彼女の育てかた (7) (ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた (7) (ファンタジア文庫)
(2014/12/20)
丸戸 史明

商品詳細を見る


ああ、にわかって言われても良い。
おっさんオタクでキモッとか言われても良い。
丸戸信者やっててよかったわ…。

※以下ネタバレ注意







もう三人ともヒロインで良いんじゃないかな。
ハーレムじゃなくて(これ重要)
三人ともヒロイン、これが大事。
でも、ヒロインてのは、本当はヒロイン"達"なんて複数形にはならないもの。
ギャルゲーが流行ったから、攻略対象は全員ヒロインになれる選択肢があったから複数形が許されていたわけで、一つの物語において、昨今のようなヒロインその2以降ってのはありえないわけだ。
倫理君は一人しかいない。
英梨々が一歩リードしていたように見えていたけど、現状のままではクリエーターとしての彼女が生きない。
そんな現状を良しとせず、ファンであるからこそ、詩羽は英梨々と共に倫理君のそばを離れることを決意したわけで。
しかし、詩羽先輩は最後に爆弾を落としていって。
まだ、ラブコメレースとしては英梨々がちょっとだけ抜けているかもしれないけど、ここにきて加藤ちゃんである。
丸戸さんも言ってるように、満を期して表紙に登場の彼女、え? これタイトルのあの娘ですか?
そして、ここまで影の薄い音楽担当の従妹と、新イラスト担当の後輩が存在して、丸戸さんのことだし、どこでどんだけ心を揺さぶってくれるかわからない。
えっと、これどうなるんすかね?
本当に、今までどおり、ゲームで一気にやりたかったような、今の環境では無理なような、複雑なところである…。

いやー、べた褒めだな!

それでは。

スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

2014-12-22 : ラノベ・小説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:BEL
格ゲーばかりでニコ生やってました。現在休止中。再開は…不明。

いままでにやった格げーとか

Twitter

ニコ生

XBOX360LIVE

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR