格ゲー、型月、スパロボ、ラノベ、漫画、アニメなどにについて語るチラシの裏みたいなの。さすがにタイトル変えようって思ったけど思いつかない。

かくて聖獣は乙女と謳う 1


かくて聖獣<ユニコーン>は乙女と謳う 1 (オーバーラップ文庫)かくて聖獣<ユニコーン>は乙女と謳う 1 (オーバーラップ文庫)
(2014/11/21)
陸理明

商品詳細を見る


※以下ネタバレ注意






なろうでは『聖贄女のユニコーン』の題名で連載されたいた作品の書籍化。
かなり好きだけど、気に入ったからっていちいち全部買ってたらキリがない。
そう思って迷ってたんだけど…。
作者さん本人がここ最近宣伝に頑張ってたので買ってみた。
なんか、その辺を抑えてる人も多い中、自ら積極的にこういうのをするのは非常に好感が持てたので。
もちろん、買うに足りる面白さだからこそ、700円オーバーという文庫にしては高い金額を何も考えずに払うまでになったのだけれども。

だいぶweb版と変わってました。
ちょっと驚き。
早く続きを読みたいので、なかなか複雑ではあるけれども、ここまでやってくるとは。
まあ、でも流れとしては一緒だし、新鮮な感じで読めたし、面白かったし。
個人的にはタナがお気に入り。
この作品、明るい雰囲気もあるけれども、基本的に状況は最悪です。
その中でのこの明るさは救われる。
他にもそういう娘はいるけれども、タナはまあ、特別に描かれてる感じするしね。
これからこの娘たちは非常に辛い戦いに向かっていきます。
ほんと最後がどうなるのか。
web版もこちらも楽しみにしていきたいと思います。

絵は全然イメージしてたものと違うし、合わないなあと思ってるけど、まあ、そのうち慣れるか…。

で、いつも買うすぐ近くの文華堂なんだけど、めずらしくオマケSSがついてる!?
オオタネアとのちょっとした小話。
結構良い話で、得した気分でした。

オーバーラップ文庫二作品めです。
ほぼ電撃で、他は富士見、スニーカー、ガガガで、新興勢力に特に興味を示さなかった自分が、五つ目がオーバーラップ文庫ということになりそう。
来月の『リーングラードの学び舎より』も買う予定なので。
というか、めっちゃ楽しみや。
あと、なろう小説書籍化で買おうと思ってるのが、『平和の守護者』です。
これは、まだ本人がされるよーって最近公表しただけで、詳しいところは全然分からないのだけれども。

とまあ、すごい時代の波に乗ってますな、俺。
ここまでくると、小説家になろうで話題に→書籍化の流れは、やり過ぎだと思う。
が、実際面白いのは多いんだよなあ。
で、書籍化しても特に消さない人が多いけど、あくまで個人的にだけれども、消して良いと思うんだよなあ。
もっと儲けようと思って良いよ?
でも、それだと皆叩くのかなあ。
うーん、難しいところだ。

それでは。

スポンサーサイト

2014-11-22 : ラノベ・小説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:BEL
格ゲーばかりでニコ生やってました。現在休止中。再開は…不明。

か、格ゲー?

いままでにやった格げーとか

Twitter

ニコ生

XBOX360LIVE

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR