格ゲー、型月、スパロボ、ラノベ、漫画、アニメなどにについて語るチラシの裏みたいなの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ケモノガリ 6


ケモノガリ 6 (ガガガ文庫)ケモノガリ 6 (ガガガ文庫)
(2013/05/17)
東出 祐一郎

商品詳細を見る
Fate/Apocryphaがあるからしばらく出なかったりするのかな…そんな心配をしていたのだけど、しっかり出てくれた!
ガガガ文庫は買っているシリーズは少ないけれども、これととある飛空士シリーズが楽しみすぎる。

そして、今回も期待を裏切られることは無かったケモノガリなのであった。

※以下ネタバレ全開





思うが為にあやなとは二度とは会わないという楼樹と、だからこそ側に行かなければならないと決意しているあやな。
エピローグでこういった構図が改めて明確になったのは自分にとっては朗報だ。
楼樹にとっては一大決心なのだろうが、楼樹の決意にあやなの意向は全く反映されてないからね。
自分には資格は無い、数ある物語の中で多くの主人公が口にしてきたであろうこのセリフ。
自分はぶっちゃけこのセリフは嫌いだ。
自分が離れることで相手に与える精神的苦痛と、自分といることで相手にかけてしまうであろう苦労、最初から天秤にかけることすらしてないことがほとんどだし。
楼樹があやなと会ったとき、彼は格好つけて離れようとするだろうし、駄々をこねるだろう。
主人公が勝手に決め付けて離れていってエンディング、こんなモヤモヤしたのは嫌だ。
離れるにしたって、思いっきり言葉でぶつけあってからにしてくれ。
共に苦労を分け合いながら生きていくことを選ぶのか、それでも頑なに楼樹は離れていくのか。
そこでのあやなの行動と言動に今から凄い期待。
いや、しかし出番少ないのに存在感の強いヒロインだ。


えっと、いきなりエピローグについて語ってしまったわけだが。

今回のこの巻限定ヒロインは、褐色の女の子でハッカーのシャテア。
最初ちょっと鬱陶しかったんですけど…。
まあ、慣れたけど。
シャーリーのポーカー勝負はどうなるのかドキドキした。
楼樹に「ハリウッド映画好き」とか言わせてたけど、それ作者さん本人の心の声だよね…。
とか書いてみるけど、書きたいこといっぱいあったはずなのに、全部エピローグにもってかれたw
次が滅茶苦茶楽しみです!

あと、あとがきだけど、これ偉い人読んだらどんな反応するのかな?
個人的には非常に共感出来るわけだが、とても気になるな…。

さて、いい加減積んであるエヴォリミットやるか?

それでは。

スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

2013-05-23 : ラノベ・小説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:BEL
格ゲーばかりでニコ生やってました。現在休止中。再開は…不明。

いままでにやった格げーとか

Twitter

ニコ生

XBOX360LIVE

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。